本気でパチンコをやめたいなら完全に意識から無くすこと

本気でパチンコをやめたいなら完全に意識から無くすこと

ついてない三連休を過ごす。
借りようと思っていた車がどこも満車で、出足をくじかれる。
カラオケ屋で1時間をつぶし、ノッてきたので延長をお願いすると「混んでいるので延長禁止です」と言われる。なら、入店の時に言ってくれよ。
やっと空いた車を使って、市民プールに向かうと、受付時間2分過ぎていて、入場禁止。
仕方ないから、打ちっぱなしにでもいこうかと向かったなじみの打ちっぱなしが閉店。
そして突然のゲリラ豪雨。
急いで入り込んだショッピングビルの駐車場。
進入禁止を間違えて入ってしまい、気づいたときには前からバカでかい車。すぐにバックしようもどんどん車きて身動きとれず、バカでかい車の兄ちゃんにはふかされる…。

 

 

そんな時ふと行ってしまうのがパチンコ屋である。非常に恐ろしい。働いてお金を稼ごうと思えば1日頑張って大体1万円ぐらいが相場ですが、
ヘタをすれば1時間で1万円がなくなることもある。逆に勝つこともあるからやめることができないのだろう。

 

 

でも結局のところパチンコに行ってトータルで勝てる人は少ない。むしろ0%に限りなく近い。
企業としては莫大な利益を確保しているわけだから、もちろん打っている私たちは負けることになる。

 

 

本気でパチンコをやめるためにはどうすればいいのだろうか?

 

具体的な案としてはまずは忘れること。何かに没頭する時間を持つこと。この2つがすごく効果があると思っている。
だって忘れるぐらい何かにはまったらパチンコ自体意味がなくなりますからね。あとは負けることをしっかり認めること。

 

 

パチンコは行く前はかつ気満々で行きます。負けることなんて考える人はいないでしょう。
朝並んでいる100%の人が勝てる気でいます。でも勝てるのは10%もいないぐらいだと思います。

 

 

このあたりの現実をしっかり認めるようにならなければやめることは一生できないでしょう。

 

 

特に私の個人的な意見としては志が高く、なにかを成し遂げた人こそパチンコをやめれない。

 

 

 

一日の始まりをしっかりと始められない時は、いくら修正しようとしてもどこかでちぐはぐになるんだということを実感した。
連休だから、何かしなくてはと気持ちが空回り。特に予定もなかったものの、結局そうなると、こうなる。
だから計画は必要だ。
こういうことを経験して、学べる私は偉い。
「たまたま運が悪かった」として、また同じことを繰り返し、ついてない日を繰り返すのが彼氏。

 

やっぱり、気のむくままの暮らしも時にはいいけど、
ある程度の計画は組みたいな…。人生も。

 

 

続きはこちらから